公開リーディング「新たな恋愛に踏み出すアドバイスを。」

『クリスタルエンジェルオラクルカード』

いつも「LIGHT WORKS WEB Magazine」をご覧いただき、ありがとうございます。

さて、『クリスタルエンジェルオラクルカード』の発売記念キャンペーンとしてお届けしてまいりました「公開リーディング」も本日が最終回。5人目のご当選者様、A.S様からは、恋愛についてのご質問を頂戴いたしました。

今回の公開リーディングでは、お仕事へのご質問が多く寄せられましたが、お仕事はもちろん、何をするにも避けて通れないお悩みが「人間関係」。A.S様へはどんなアドバイスが届きますでしょうか。

では本日も、心を込めて、リーディングさせていただきます!

─ ご質問 ─

仕事に打ち込んでいるうちにすっかり結婚適齢期を逃してしまい、現在は恋人もいません。

仕事を中心とした生活は充実しており楽しくもあるのですが、ふと、このまま一人でいると後悔するのかな?と、思うことが増えてきました。
また、「いい歳で結婚していない=変な人」というような、周囲の目も気になりはじめ、プレッシャーも感じています。

まずは恋愛をしたいのですが、適齢期を過ぎた私が新たな出会いをモノにするには、どうしたら良いでしょうか(笑)
アドバイスをお願いいたします。

 

なんとも他人事とは思えないご質問です…(笑)。
現在、お付き合いをされている特定の方がいらっしゃらないということですので、まずは素敵なお相手と出会うためのアドバイスを求めてみましょう。

届いたカードはこちらです。

『クリスタルエンジェルオラクルカード』より、「再び愛する準備ができている」(タンザナイト)

「再び愛する準備ができている」(タンザナイト)

このカードは、傷ついた心が癒やされ、新しい関係を受け容れる準備が整ったことを知らせています。
自分に優しくするよう導かれています。もう一度恋愛について考えてみましょう。焦らず、祈ることを忘れず、自分にふさわしい相手が現れるのを待ちましょう。(ガイドブックより抜粋)

 

色々なカードがある中で、ピンポイントで恋愛に関する癒やしのカードが出ました。まさに「恋愛に関わっていく準備が整った」とのことなので、タイミングとしては良い波がきていそうです!

この「タンザナイト」のカードは、過去の恋愛で嫌な思いをしたことによって、再び傷つかないようにガードを固めている態度を、和らげるようにとのアドバイスでもあります。
恋愛に限らず、人間関係で傷ついたことがない方はいらっしゃらないと思います。A.S様も、過去の人間関係で何かわだかまりを残していることがおありではないでしょうか。

それは過去のことで、すでに終わったことです。

これから始まる恋愛や人間関係は、状況も違えば相手も違いますし、そして何よりA.S様ご自身が変化しています。全く同じことが繰り返されることはありえないと割り切って、今の人間関係を偏見なしに再チェックしてみましょう。
「昔、嫌なことをしてきた人に似ている。」そんな理由で、全く違う人に苦手意識を持っているかもしれません。誤解で避けていた人の中に、A.S様にぴったりの方がいらっしゃる可能性もありそうです。

また、ご質問ではご年齢のことを気にされていらっしゃいますが、ここは「焦らず」というのが重要なアドバイスではないでしょうか。
周囲の方々は色々とプレッシャーをかけてくるかもしれませんが、その結果、A.S様が不本意な決断をしてしまったとしても、その結果に一生付き合うのはA.S様ご自身。周囲の人は何の責任も持ってはくれません。
ご自身に優しくし、自分で自分を急かすことをせずに、気持ちの揺れなどに丁寧に向き合ってみてください。

大丈夫。焦らずとも、A.S様にとって真に必要なチャンスは絶対に逃げませんし、タイミングを外すこともありえません。急かされ、不本意に感じたために見送ったチャンスがもしあっても、そもそもそれは「チャンス」ですらなく、A.S様にとっては掴まないほうがむしろ良いものであった可能性大です。
周囲の声や思い込みの印象に惑わされず、どうぞ一人ひとりの人間関係に対し、完全にリセットした目で向き合って、「この人、好きかも!」という、ご自身の感覚が働く相手を見分けましょう。

 

次に、より良い恋愛を迎え入れるために、今、A.S様が気をつけるべきことを聞いてみました。

『クリスタルエンジェルオラクルカード』より、「情熱と目的」(ルベライト)

「情熱と目的」(ルベライト)

このカードは、あなたの人生の目的の一部となる新しいプロジェクトに情熱を燃やす姿勢のサインです。
時間をかけて祈り、調べ、学び、ネットワークを構築し、師と仰ぐ人の話に耳を傾けて、プロジェクトに取り組んでいくために必要な全ての情報を集めましょう。ただ、準備そのものが前進を妨げないよう注意してください。(ガイドブックより抜粋)

 

お仕事寄りのアドバイスですが、今回は恋愛についてのご質問ですので、「新しいプロジェクト」を、「新たな恋愛」に読み替えてガイダンスを受け取ってみましょう。

つまり…恋愛について、最大限努力をし、情熱を燃やし、使える手段を全て使ってくださいとのアドバイスです!なんと積極的なガイダンスでしょう…(笑)。

A.S様はお仕事がお好きとのことですので、お仕事では何かを達成するために、がむしゃらに努力をなさったご経験がおありかと思います。その時には、きっと寝食を忘れて、新しいスキルを学んで情報を集め、チームの協力を取り付けて…と、様々な手段を講じたことと思います。

それと同じことを、「恋愛」についてやってみましょう!
例えば、お出かけのときにはとびきりのおしゃれをし、気になるお相手には一番の笑顔を向けるよう意識し、また、新しい趣味の場やコミュニティに出かけて行くのも良いでしょう。
お仕事と同じように「一切手抜きなし!」の全力を出せば、誰のためでもなく、A.S様ご自身が、その行動や変化そのものを楽しめるはずです。

また、お仕事に打ち込んできた今までの生活も、これから始まる運命の恋の土台だったという意味もありそうです。仕事にプライドを持って取り組んでいる女性は、なんといっても魅力的ですから!
もし、お仕事で新たなプロジェクトに着手する局面があるなら、それに打ち込むことが新たな恋愛につながる可能性も感じられます。プロジェクトチームの中に未来のお相手がいるかもしれませんし、お仕事に打ち込むA.S様に魅力を感じる人が現れるかもしれませんね。

 

1枚め、2枚めのカードともに、恐れを手放して、もっと積極的に恋愛に取り組むようにとのガイダンスでした。
おそらく、今はA.S様の魅力が表現されやすく、また、受け入れられやすいタイミングなのだと思います。

では最後に、ガイダンスどおりに積極的に行動した場合の、恋愛の見通しを質問してみました。

『クリスタルエンジェルオラクルカード』より、「型にはまらない」(モルダバイト)

「型にはまらない」(モルダバイト)

あなたは、周囲に馴染むために“普通”になろうとしたかもしれません。しかしそんな行いは、自分への裏切りでしかありません。
あなたには、世界が求める独創的で斬新なアイディア、そして才能があります。
孤独を感じないよう、型にはまらない人たちを見つけましょう。興味がある集まりに参加してみましょう。幸いにして、同じルーツを持つ人たちはたくさんいます。外に出て探すだけです。(ガイドブックより抜粋)

 

「適齢期を過ぎて結婚していない」=「変な人」というプレッシャーから、“普通”になるには結婚しないといけない、と、自分を曲げようとしたA.S様に、天使たちが真っ向からNO!を突きつけてきました(笑)。

結婚という型にも、適齢期という型にも、はまる必要は全くないようです。
もちろん、A.S様が「この人となら結婚したい。」と、自然に思えるならそれは素晴らしいことですが、「結婚」という形には特別こだわらなくても、幸せになれれば結果オーライということ。とても自由ですね。

 

今回のガイダンスで目立ったのは、「マイペースであること」かと思います。
急かされたり、変な人だと言われたり…それに合わせようとしてしまうと、A.S様の魅力が損なわれるだけでなく、「結婚はしたけど、不幸…」といった、何をしたかったのか分からない状況にもなりかねません。

カードからは、A.S様ご自身が自分らしくあり続けることで、その姿に魅力を感じてアプローチをしてきてくれるような、自然体でいられるお相手との出会いが感じられます。その方とは「結婚」という形に落ち着くかどうかは分かりませんが、無理なくずっと一緒にいられるような、深いご縁がつながるのではないでしょうか。

素敵なご縁が届きますよう、お祈りいたしております♪

 

ご当選者様、5名様にお届けしてまいりました「公開リーディング」、いかがでしたでしょうか。
今後もライトワークスでは、皆さまに楽しんでいただけるようなキャンペーンを開催していきたいと思っております!ぜひまた、ご参加くださいませ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 


関連アイテム

■ 『クリスタルエンジェルオラクルカード
ライトワークスの厳選クリスタル

この記事の著者

著者:ライトワークスWEBマガジン編集部

LIGHT WORKS WEB Magazine 編集部

オンラインストア内では届けきれない情報を、読みもの記事として発信しています。LIGHT WORKS WEB Magazineで届けた情報が、皆様の毎日をほんの少しでも明るく前向きなものにする、お手伝いができますように。

Pocket

関連記事