【ドリーンブログ】スピリチュアルなことを率直に話しましょう

【ドリーンブログ】天使の声を聞く方法

私は人生の大部分においてスピリチュアルな考えは自分の心に秘め、そういう話を口にすることはありませんでした。けれども今は率直に話すことができて、とても嬉しく思っています。
スピリチュアルヒーラーの娘として生まれた私は、少し変わった家庭に育ちました。家族が病気のときは、かかりつけのお医者さんに診てもらう代わりに、母が祈りやアファメーションで治療しました。私が子供の頃には、奇跡のようなヒーリングや、天使の出現や、素晴らしい出来事が日常的に起こっていました。

けれども、私が学校に通い出し、友達の家に遊びに行くようになると、私の家族のライフスタイルについて話すのは「危険」だとすぐに学びました。私のスピリチュアルな考え方や実践していることを聞くと、他の子供たちはからかったり、呆れ返ったり、笑ったりしました。
その子たちには、物質主義的な価値観が深く根付いていたようでした。人間は外的な環境や病気や他人の犠牲になっていると信じていたのです。良いものは皆に行き渡るほどに十分にないので、この世で成功するためには競争して勝ち取らなくてはいけないと考えていました。また、人と神は一体ではなく、別個の存在として捉えていました。

ですから、私が具現化の法則やスピリチュアルヒーリングについて話をしても、周りからは冷ややかな反応が返ってくるだけでした。初めはどうしてそんな反応をされるのか、理解できませんでした。平和で調和した人生を創造していくために、どのような心の持ち方をすればよいかを、人は学びたがるものだと信じていたからです。
けれども、スピリチュアルな原理は周囲の人々にとってはあまりに現実離れしていて、それを利用するなどとても考えられないということがすぐに明らかになりました。

その後、私はスピリチュアルなことは一切口にしなくなりました。他の考えに同調することさえありました。人々が、「人生はひどいものだ」とか「不公平だ」と不満を漏らせば、もっともだというように頷いてみせました。そうすることで私は皆に快く受け入れられ、次第に人気者になっていきました。

しばらくすると私は一種の記憶喪失のような状態になり、スピリチュアルな考え方を忘れていきました。家庭でもそういう話はだんだんしなくなり、世間の物質主義的な価値観に馴染んでいったのです。

 

大人になって意味深い出来事が次々と私に起こり、ようやく子供時代に信じていたスピリチュアルな法則や考え方を思い出しました。

当時、私は心理療法士として独立開業し、成功していました。けれども、セッション中にスピリチュアルな話をすることはほとんどありませんでした。子供の頃、周りの人間に受け入れられなかった記憶がまだ残っていて、再び拒絶されることを恐れていたからです。
それでも天界は、本やワークショップと同様、クライアントの治療においてもスピリチュアリティについて伝えることが大切だと私に示してきました。

私は自信がなかったので不安になりました。スピリチュアルなことについて話したい、スピリチュアルヒーリングを取り入れた治療をしたいという気持ちは強くありました。一方、リスクを冒して収入や名声や友人や家族など、全てを失うことを恐れていました。

私は、神や天使やアセンディッドマスターと何度も話し合いました。そして遂に、スピリチュアルなことを率直に話す決意をしました。

最初は恐る恐るやってみました。例えば、何かの話のついでに神について触れたり、物事を実現させるための法則やスピリチュアルヒーリングについて話したりしました。
スピリチュアルなことを率直に話したら大変なことになるのではないかと、私は怯えていました。けれども人々は私の言葉を肯定的に受け入れ、私の信じていることや実践していることについてもっと詳しく知りたがったのです。

それから2、3年も経つと、私は公にスピリチュアルなことを話していました。言葉を検閲することなく自由に語れる気分は清々しいものでした。

今では、タクシーの運転手に何の仕事をしているのかと聞かれれば、天使について本を書いているのだと言います。お店の人や銀行の窓口の人と、具現化の法則について気軽に語り合ったりします。
もちろん、どの程度まで深く話すかは意識するようにしていて、いつ、誰に、どんなことを話すかについては、神に助言を仰いでいます。私が出会ったほとんどすべての人が、スピリチュアルなことを話すのに抵抗がないようでした。おそらく、私が自分の考え方を押し付けようとしないのがわかるからでしょう。つまり、私は伝道師ではなく、この世界を愛と光で満たすことを目指すライトワーカーなのです。私たちライトワーカーは、スピリチュアルな法則の細かい部分を議論するのではなく、私たち自身が愛情豊かで心穏やかな人間でいることで見本を示しているのです。

『エンジェルセラピーオラクルカード』:You Are a Powerlul Lightworker(ライトワーカー)

私は講演で様々な場所を訪れますが、スピリチュアルなことを話す勇気がない人たちにも出会います。そのような人たちは他人に拒否されることを恐れています。愛と光を広めるためには、人々に受け入れてもらいやすいような、さりげない方法を使うこともできます。一番大切なことは、私たちが言行一致させることです。平和を語りたいのなら、自分自身の心も平和であるように努めなくてはいけません。

また、天使のブローチを身に着けたり、スピリチュアルなテーマを感じさせる洋服を着たりといった楽しい方法もあります。スピリチュアルな本を携えて、会話の糸口にするのもよいでしょう。会話の中で、スピリチュアルな言葉やポジティブで光に満ちた言葉を使うようにするのもよいでしょう。

創造主である神は私たちに愛のメッセージを常に送ってくれます。私たちは神の子供です。神は、メッセージを受け取る準備が出来ていない人がいるかもしれないとか、内容が社会的に正しいかなどと懸念して、言葉を検閲したりしません。つまり必要とする人がメッセージを受け取ると知っているので、ありのままにメッセージを伝えるのです。私たちも同じようにしようとするのは不思議ではないでしょう。

私たちがスピリチュアルなことを率直に話すことで、どんなに多くの人の人生に良い影響を与えられるかはわかりません。私たちが、天使や神の導きや具現化の法則について何気なく言ったことが、出会った人の人生を変えるかもしれません。まだスピリチュアルな真実を理解する準備ができていないのなら、その話に興味を示さないだけです。
どちらにせよ、私たちは心から真実を語るように生まれついています。そして、それこそが最高の自由なのです。

「Doreen Virtue | official Angel Therapy Web site」2014年10月1日掲載のブログ より


関連アイテム

■書籍 『エンジェルセラピー(R)ハンドブック
■ 『エンジェルセラピー(R)オラクルカード

この記事の著者
著者:ドリーン・バーチュー

ドリーン・バーチュー

50タイトル以上の著書とオラクルカードの制作に携わり、“エンジェル・レディ”というニックネームで知られています。 代表作「エンジェルオラクルカードシリーズ」は日本をはじめ世界各国で発売され、世界中の人々を勇気づけています。
カウンセラー・心理学博士として、さまざまな医療施設で勤務した経験を持ち、オンラインで受講するセミナーやワークショップの他、世界各国でライブワークショップも開催しています。

日本語公式WEBサイト│ http://doreen.jp/

Pocket

関連記事