【レポート】タロットカード体験レポート その2

LIGHT WORKS WEB Magazine コラム:タロットカード体験レポート

タロットカード体験レポート その1 の続きです。全くの初心者がタロットカードを使ってみた体験レポートをしています。今回はタロットカード占いのベーシックなスプレッド「ケルト十字」にチャレンジしてみました。

 

ケルト十字のスプレッド

LIGHT WORKS WEB Magazine コラム:タロットカード体験レポート

ケルト十字はタロット占いの中で、最も知られている(用いられている)スプレッドということで、どんな種類の質問にも対応できるとされています。10枚のカードからなるこのスプレッドは、現状と障害、過去、現在、近い未来、そこからもたらされる結果について示します。個人的にいくつか占ってみたいことはあったのですが、今回の体験では毎度のことながら仕事について。

・今の状況(仕事の内容)がもたらす未来

今の仕事は好きで楽しくやっているけれど、果たして今後このままずっとやっていけるのか、ということだったり、本当に自分に向いている仕事なのかな?という質問のイメージです。

 

私のケルト十字がこちらでした

LIGHT WORKS WEB Magazine コラム:タロットカード体験レポート

 

カードリーディング

個々の位置の意味について簡単に触れながら、自分のカードが何かをメモしていきます。
<>で入れているのが私のカードです。

カード1: 現状の象徴。その人が最も気にかけていること。<Page of Air/風のペイジ>

カード2: カード1に影響を与えている現時点での障害を象徴。問題解決の進展を妨げているもの。<Queen of Fire/火のクイーン>

カード3: 質問の根本を象徴。意識下での影響。恥ずかしくて言えないようなこと、過去の体験など。<Ten of Fire/火の10>

カード4: 現状に至る少し前の状況を象徴。または迎える結果に対する思い。<Four of Water/水の4>

カード5: 現状の象徴。成し遂げられること、達成を望むこと。<Three of Earth/地の3>

カード6: 近い未来を象徴。特定の状況の中での出来事やエネルギーの変化。<Ten of Air/風の10>

カード7: 現状での個人の力を象徴。<Two of Earth/地の2>

カード8: ほかの人たちが与える影響を象徴。友だちや家族、同僚など。<11 Strength/大天使アリエル「力」>

カード9: 希望あるいは恐れを象徴。<8 Justice/大天使ラギュエル「正義」>

カード10: 結果を象徴。現状を変えるための行動を何も起こさない場合にもたらされる結果。<7 Chariot/大天使メタトロン「戦車」>

やってみて思ったのですが、初心者に10枚は多いかもしれません・・・笑。個々のカードについて、何を意味するのかの説明を入れるとかなり長くなってしまいますので省きますが、この「象徴」とされる内容をかみ砕いて理解するには時間がかかりそうです。

ただ個々のカードの意味を読むのだけでも、すごく面白いですね。例えばカード3の部分。<Ten of Fire/火の10>だったのですが、この意味としては「働きすぎ」というようなことが含まれ、マスターブックを見ると『仕事は人生を充実させ、心躍るものともなりえるし、ただ疲れるだけの雑用のように感じらえることもありえます。』とあります。

LIGHT WORKS WEB Magazine コラム:タロットカード体験レポート

カード3は<質問の根本>を象徴するので、自分は仕事が楽しい、と思っているけど本当はそう思っていない、ということなのかもしれません。だからその質問を投げかけたのでは?という言わば、パラドキシカルな内容を示唆していることも考えられますよね。こんな風に、1つのスプレッドで読み取れることがたくさんあり、それを繋いでいくイメージは1冊の書物を読んでいるようにも思えます。

ただ、入門者&初心者はもう少しシンプルにワンカードリーディングやスリーカードスプレッドなどで慣れていくのがいいかもしれません。ライトワークスではタロットカードリーディングのオンライン講座もありますので興味がわいた方はぜひチェックしてみてくださいね。

 


関連アイテム

■『エンジェルタロットカード
■書籍 『エンジェルタロット マスターブック

 

この記事の著者
著者:石見幸子プロフィール画像

Sachiko(さちこ)

フリーランスのWEBディレクター/ライター
美容、コスメ、ファッション、健康食品など女性向けサイトの制作や運営に多数たずさわる。興味を持ったことは何でもトライして、浅く広く楽しむタイプ。好きなものはお酒、食べること全般、旅、音楽、アート、読書、映画、ゲーム、ジム通い。

Pocket

関連記事