【ドリーンブログ】セージを使ったスマッジングがエネルギーを浄化する理由

LIGHT WORKS WEB Magazine:ドリーン・ブログ(ホワイトセージ)

セージは自然界の掃除機のようなもので、浄化やデトックスの作用があります。そしてついに、その理由が科学的にも明らかになりました。

何世紀も前からネイティブアメリカンの間では、乾燥させたセージの束を燃やす風習があり、これは“スマッジング”と呼ばれています。セージの束を、浄化をしたい人や場所の周りで動かすのです。その主な目的は、恐れ、怒り、地上をさまよう魂、低い波動を持つスピリットなどのネガティブなエネルギーを浄化することです。望ましくないものはすべてスマッジングで取り払うことができます。

現在、セージの煙が実際に空気中の細菌を減らすことが、科学的にも証明されています。煙が空気をきれいにするというのはイメージしにくいかもしれませんが、本当なのです!植物研究家のチャンドラ・シェカール・ノーティヤル博士は、セージなどの薬草を燃やすことで、空気中にあるブドウ球菌などの細菌が減少することを発見しました。その効果は煙が消えた後もしばらく続きます。

煙が苦手な方は、食生活にセージを摂り入れることで同じ様に浄化の効果が得られます。私はサラダのドレッシングにセージを加えて美味しくいただいています。また、エアーフレッシュナーのように使えるセージのスプレーも自然食品店などで購入できます。

LIGHT WORKS WEB Magazine:ドリーン・ブログ(ホワイトセージ)

 

以前、私が南カリフォルニアに住んでいた頃は、野生のセージが砂漠に群生していたので、簡単に摘むことができました。セージを自分で育てることもできます。セージの葉を天日干しにしたり、暖かい場所に置いて乾かした後、束にして紐でぐるぐると巻きます。既に束になった“スマッジスティック”という乾燥セージもありますので、自然食品やスピリチュアル系の商品を扱うお店、インターネットなどを覗いてみてください。

 

セージを燻すためには乾かした束の先端に火をつけますが、炎が見えず煙が立ち上る程度に調整します。煙を強めたければ風を送ったりします。スマッジングの終了後も中に火が残っていますので、取り扱いには十分注意してください。

スマッジングを行うときは、浄化したい人や場所の周りをセージの束でなぞるように動かしてください。足や手の爪先までなぞります。エネルギーを感じやすい人には、ネガティブなエネルギーが放出される様子を感じられます。放出されたサイキックアタックなどは象徴的な形で見えることもあります。

ネガティブなエネルギーと接触があったものは何でもスマッジングを行うとよいでしょう。車や仕事場や電気製品にスマッジングをする人もいます。私は自分のパソコン、携帯電話や車にスマッジングをしましたが、その効果は明らかでした。空気とエネルギーが一瞬で変わり、邪気が消え去って行きました。地上から離れられない魂が昇華して、波動が高まる様子が見えることもあります。そしてその後には平和と静寂が訪れます。

 

私は、スマッジングをする際に祈りを捧げることが大事だと考えています。例えば次のように祈りながらスマッジングを行っています。

「神様、私と私の愛する人たち、私の家、仕事場、車、私が訪れる場所を守ってくださることに感謝します。私と私の周囲からネガティブな要素をすべて取り除いてくれてありがとうございます。これからも私を清め、守ってください。アーメン」

 

煙が苦手な人は乾燥したセージの葉を浄化したい場所に置いたり、粉末状のドライセージを摂取したりするのもよいでしょう。これはスーパーや自然食品店のスパイスコーナーに置いてあります。

あなたの家やオフィス、身体をデトックスする方法については、私の著書『エンジェルデトックス』をお読みください。

「Doreen Virtue | official Angel Therapy Web site」2015年12月12日掲載のブログ より


関連アイテム

■ 『クリアリングキット
■ 『ホワイトセージ浄化スプレー
■ 書籍 『エンジェルデトックス

この記事の著者
著者:ドリーン・バーチュー

ドリーン・バーチュー

50タイトル以上の著書とオラクルカードの制作に携わり、“エンジェル・レディ”というニックネームで知られています。 代表作「エンジェルオラクルカードシリーズ」は日本をはじめ世界各国で発売され、世界中の人々を勇気づけています。
カウンセラー・心理学博士として、さまざまな医療施設で勤務した経験を持ち、オンラインで受講するセミナーやワークショップの他、世界各国でライブワークショップも開催しています。

日本語公式WEBサイト│ http://doreen.jp/

Pocket

2017年06月09日 | Posted in from Doreen/ドリーン・バーチューブログ | タグ: No Comments » 

関連記事