【ドリーンブログ】「スピリチュアルの道を歩み、友人関係を転換する方法」

【ドリーンブログ】自分が正しい道にいるか見極める8つの方法

スピリチュアルな道は人生を変えます。あなたが魅力を感じる物事や人はスピリチュアリティによって変わります。あなたの意識が「心が求めるもの」に集中するにつれ、食べ物や音楽、自由時間の活動、友情関係などといった好みが変わるのです。

スピリチュアリティを学べば、精神状態に影響を与える内容を求める気持ちがなくなり、マスコミで放送される暴力に嫌悪感を抱き、惹きつけられるものも変わります。この大きな変化は「周波数偏移」の結果であると天使たちが説明してくれています。人にはそれぞれの周波数(波動)があります。オシロスコープで車のシステムを見ることができるように、モニター装置で脳波を見ることができるように、天使たちは人間の周波数(波動)を見ることができるのです。

人間の周波数(波動)は思考や感情に従って調整されます。心配したり、イライラしたり、あれこれと思い悩んだりする人の周波数は低く、一方、定期的に瞑想をしたり祈りを捧げている人の周波数は高くなります。周波数が高くなるにつれ、私たちは高波動の状況、人、食べ物、エネルギーに魅力を感じます。つまり、かつて魅力的に感じた友人や出来事には魅力を感じなくなるということにもなるのです。

エゴが関わる波動は非常に低くなります。
例えば、怒り、暴力、メンタリティの欠如(人とつきあうだけの十分なメンタリティがないと思い込んでいること)、被害者意識(他人が自分をコントロールしようとしている、自分の不幸は他人のせいだと信じていること)、競争心、不誠実、ねたみといったものです。

スピリチュアルな心を持って行うことは高波動です。
瞑想、祈り、信仰心、無私の奉仕、ボランティア活動、ヒーリングワーク、愛を教えたり共有したり表現することなどです。天使たちは霊的波動を引き上げる方法として低波動の状況を避けるよう勧めています。具体的には、ネガティブなことを助長する印刷物や番組などは避けることです。

 

視聴者のセリアがこう話してくれたことがあります。「スピリチュアルな勉強を通して、私は生き方を変えることにしたの。まずは、他人のうわさ話をしたり人をけなしたりするのを止めるわ。スピリチュアルな勉強をしたおかげで、うわさ話や人の悪口を言うたびに実際は自分を傷つけていたことに気がついたのよ」と。

この決断をした当初、セリアは落ち着かなかったそうです。彼女のお決まりといえば、親友たちとうわさ話をして過ごすことだったからです。自分がうわさ話の中に入らなければ、親友たちはどのような反応をするのでしょうか? そこで、セリアはこの状況をどう対処すれば良いのか聖なるガイダンスを求めることにしました。直感を通じて彼女が受け取ったものは彼女の祈りに対する忠実な答えでした。

セリアは 「うわさ話をするよりもしない方がもっと楽しいってことをみんなに教えてあげればいいんだわ!」と言いました。「うわさ話をしていたのは、うわさ話をすることだけが一番楽しいことだと思い込んでいたからなのよ。それで、ある晩私は友だちに正直に打ち明けたんです。『ねえ、この手の話は控えるべきよ。もうこんな話は止めましょう。もし誰かがうわさ話を始めた時はどんなふうに言えば良いのか約束しておかない?』って」

「このグループの誰かが他人のことや何かについて否定的なことを話し始めたら「あっ!」と言って注意するようにしました。うわさ話が習慣になっていることに気がついたのです。その習慣を断つのに時間はかかりました。ですが、今ではより建設的なことを話しますから、全員の気持ちがぐんと明るくなりました」
セリアが言ったように、スピリチュアルな道を歩んだ結果として行動の転換を迎えた時、それは私たちが家族や友人に「お手本を示す者」「教える者」となるチャンスなのです。

天使のイメージ(名画)

 

しかしながら、これは難しい綱渡りです。誰も──特に家族や友人は──諭されたり説教されたりしたくないはずです。平安を教える最善の方法は、自分が行動してその姿を示すことです。
家族や友だちに「どうして私のようにスピリチュアルなことができないの?」と怒鳴りちらしていたらどうでしょう。彼らはあなたの振る舞いを見て、あなたの言葉を信頼しなくなります。他の人たちに対して本当に優秀なお手本となれるよう、天使たちに取るべき行動と口にすべき言葉を導いてもらいましょう。

「非難」「罪悪感」「誰が正しいのか間違っているのか」「誰が良いのか悪いのか」という観点から真の聖なるガイダンスが語りかけてくることは決してありません。天使は常に誰もが満足できる結果を探し出します。ですから、今はもう必要なくなった友情関係を断つよう導き、その関係にきっぱりとけりをつける手助けをすることもあるのです。

スピリチュアルな道にいなければ、友情を終わらせることに罪の意識を必要以上に感じ、恐れを抱く人がいるかもしれません。「人の役に立って愛情溢れる人間になるはずだったのに…」「友だちと過ごす時間を減らすことを選んでしまったら、友だちを見捨てることになるのかしら?」と。

ですが真実は、旧い友だちとの時間を減らし、新しい友だちと過ごす時間を増やすことを選んでいるのかもしれません。これは誰かを批判したり非難したり見捨てたりしているということではありません。あなたが「嫌なヤツ」になることも孤立することもありません。あなたはただ「引き寄せの法則」に応じた導きを受け入れているに過ぎません。

人は自分の考えを反映する人に引きつけられます。友情関係を築く共通点があるかどうかの問題です。ライフスタイルを変えれば、共通点がある人を自然と見つけられるでしょう。

 

【友情関係を優しく穏やかに転換するための祈り】

「最愛なる創造主、心の奥底では〈友だちの名前〉との友情関係が終わることを知っています。潔くかつ心穏やかにこの転換を受け入れる手助けをしてください。自分にも友だちにも愛情溢れる形で正直になれるよう神と天使たちの力をお貸しください。恐れ、罪悪感、義務感ではなく愛から行動を起こすことができるようありのままの自分になる手助けをしてください。どうか友だちの心を癒やしてください。そうすれば私も友人も前向きな態度でこの転換を受け入れられます」

【健全な新しい友情関係を引き寄せるための祈り】

「最愛なる神様、私は今、共通点がたくさんある愛情深い友人に囲まれているのが分かります。同じ考えを持った新たな友だちの存在を感じます。このヴィジョンが実現するよう力をお貸しください。新たな友人に出会えるよう導いてください。ポジティブで、スピリチュアルな考えを持ち、健康志向で、楽しい友人にです。自分が新たな友人の愛と思いやりに見合う人間であると分からせてください。どうぞよろしくお願いいたします」

 

(この記事はドリーン・バーチューの『エンジェル・ヒーリング』より抜粋しています。)

 

 

ドリーン・バーチュー
「Doreen Virtue | official Angel Therapy Web site」2015年3月9日掲載のブログより


関連アイテム

■書籍『エンジェル・ヒーリング
■書籍『ドラマ・デトックス

この記事の著者
著者:ドリーン・バーチュー

ドリーン・バーチュー

50タイトル以上の著書とオラクルカードの制作に携わり、“エンジェル・レディ”というニックネームで知られています。 代表作「エンジェルオラクルカードシリーズ」は日本をはじめ世界各国で発売され、世界中の人々を勇気づけています。
カウンセラー・心理学博士として、さまざまな医療施設で勤務した経験を持ち、オンラインで受講するセミナーやワークショップの他、世界各国でライブワークショップも開催しています。

日本語公式WEBサイト│ http://doreen.jp/

Pocket

関連記事