【コラム】マヤ歴の時間軸をダウンロードし高次元を生きる

webmgz_20160810_m

今日の月はどんな月でしょうか? 満月? 新月? 弓張り月?

忙しい毎日、ことビルの立ち並ぶ都会のせまい空の下で生活していると、なかなかゆっくりと月を見上げる機会は少ないかもしれません。

 

もし、あなたが今、「なんとなく体調がすぐれない」「心のバランスが不安定」と悩んでいるなら、それはあなた自身の心身が宇宙・自然のリズムと切り離されてしまっているからかもしれません。

宇宙がめぐるリズム、月の満ち欠けは、28日周期。

例えば、健康な女性の生理周期も28日、肌のターンオーバー周期も28日周期である通り、私たち自身がその宇宙の一部であるならば、遺伝子、細胞、生命活動のサイクルも28日周期であるのが自然です。

 

ところが、私たちは現在、この自然のリズムから切り離された時間軸のうちに行動を強いられています。

カレンダーを見てみましょう。

今月は31日、来月は30日、次の月は28日…

これはグレゴリオ暦を基準としたカレンダーですが、このように宇宙そのものの流れ、身体のリズムのどちらにも存在しない時間軸のもとに活動しているのですから、繊細な人が心身のバランスを崩すのは、ある意味当然のことかもしれません。

 

マヤ歴のカレンダーを知っていますか?

それは28日、13月で構成された、宇宙のリズムに寄りそったカレンダー。

AD435年~830年に生きたマヤ民族の人たちが使っていた歴のこと。

人間がその頭の理論で考えた3次元のグレゴリオ暦より、はるか以前に高次元、宇宙より直接降ろされたまったく違った時間概念なのです。

webmgz_20160809_m

ピラミッドを残したことはもちろん、望遠鏡も使わずに17種類もの宇宙の周期を正確に理解していたという古代マヤの人たち。

1987年、この失われた暦(叡智)を独自の研究により甦らせたマヤ歴普及の第一人者であり「13の月の暦」提唱者のホゼ・アグエイアス博士は言います。

「マヤの知識体系は、宇宙の叡智という高次元の力の可能性」

この暦は私たちが心身のリズムを取り戻し、自然と調和して生きるためのガイドとなるものです。3次元へのとらわれからの解放、それはつまり、個を超えた、4次元、5次元の大宇宙と調和した生き方の実現にほかなりません。

当然、身体的、精神的な健康を取り戻すことはもちろん、これまで忘れていた宇宙規模での自らの使命に気づいたり、3次元にしばられていたころには想像もできなかったようなシンクロニシティが起こってくるはずです。

 

28日周期でカウントされるマヤ歴では、今日、8月23日はLUNAR MOON「月の月」の第1日目。

 

「月の月」のキーワードは二極性・二元論・陰と陽。

7月25日「時間を外した日」の後からはじまる最初の3月、「磁気の月」「月の月」「電気の月」は、宇宙を培う目には見えないエネルギー。

真ん中に位置する「月の月」は、前月、磁気の月で定めた自らの意志・今年の指標を「電気の月」でいよいよ行動へと転換するための「挑戦の月」。

もしかしたら、今、あなたの心は、真実と嘘、正しさと誤り、喜びと怒り、善と悪といった矛盾に直面し、揺れているかもしれません。

でも、このような一見、相容れない局面が、「陰陽」のバランスを取り、二極性のうちに大きな調和を生み出していることに気づくかもしれません。異質な2つの性質は実は一つなのです。

宇宙的広い視点に立つと、人間のマインドや感情が生み出す「幸・不幸」「好き・嫌い」といった概念は存在せず、ただ、全体性を保つためのバランスが存在するのみです。

善悪をジャッジするマインドという枠を超え、より大きな視点を持つことで、あなたは今月、自らの本来の「立ち位置」「役割」を見出すことになるかもしれません。

 

来月以降、「電気の月」「自己存在の月」での飛躍を楽しみに、今月はふだんより一つ、二つ高い視点、より広い視野を持ち、目の前に起こる事象をよりニュートラルに観察してみましょう。

 

(参考):柳瀬宏秀著『コズミックダイアリー2016』環境意識コミュニケーション研究所

 

この記事の著者
ライター:micosundari

micosundari

これまでにライターとして、月刊誌や書籍にて、代替医療、ヨガ、レイキ、音楽療法、星占術等のテーマを数多く担当。医療関係者や療法家、学者、芸能人など数多くの著名人に取材・インタビューを重ねる。
現在は、多岐にわたる取材経験をもとに、全国でバクティヨガ、ナダヨガ(音ヨガ)、歌うヨガと呼ばれるキルタンのワークショップ&リトリートを展開。「文」と「声」2つのフォースを通して、ホリスティックな視点から、エンライトメント・ヒーリングメソッドをシェアし続けている。この「両の手」「声」「身体」「魂」のすべてがいつでも純粋なバクティ(愛)の体現としてこの世界、あなたのハートの内に還元されますよう。

WEB│ http://www.miconicohealingsanctuary.com/

Pocket

2016年08月23日 | Posted in COLUMN/コラム | タグ: , No Comments » 

関連記事