【ダイアリー2020】バイタリティ溢れる牡羊座の新月(連載第回八回)

皆さま、こんにちは。
LIGHT WORKS WEB Magazine編集部です。

あたたかな風が吹き抜ける、春がやってきました。浄化作用があると言われる桜たちも、可憐な花びらを付けはじめています。
ここ数ヶ月はコロナウイルスの影響もあり、見慣れた日常から少し遠ざかっている方も多いかと思います。慣れない生活では、気づかないうちに心身の疲れがたまっていることもありますので、終息まで皆さまどうかご自愛くださいね。

本日は、12星座のうち1番最初の星座である牡羊座の新月。何かをスタートさせたり、やり抜くための活力に満ちた星座です。

『ムーンオロジーオラクルカード』:牡羊座の新月

今回の「牡羊座の新月(3/24)」は、どう過ごす?

牡羊座は、「始まり」がテーマの星座。スタートダッシュ、行動力、積極性といった、はじめの一歩を踏み出すための力強いエネルギーに溢れています。

今まで先延ばしにしていたことや、自信や余裕のなさから手を付けられていなかったことをスタートさせるなら、今がその時。特に、エネルギー不足からスタートを切れていなかった方は、牡羊座のパワフルさに背中を押されることでしょう!

何かを始めるとき、その方法は始める側の性格によって様々だと思います。
とにかく熟考して、ある程度の目途が立ってから始める方。
思いついたらすぐ行動!の方。
一人では進まないタイプの方は、仲間集めから始めるかもしれません。

そんな中で、牡羊座の持つ「始まり」のエネルギーは、考えるよりも本能に従って突き進むような、どこか野性的なイメージです。
だからこそ今日は、感覚的に「楽しい!」「おもしろい!」「理由はないけど惹かれる!」という気持ちが溢れ出るような、そんな直観的な部分を大切にしてみるとうまく行きそうです。

そして、牡羊座の「始める」パワーに加えて、新月もまた新しいことをスタートさせるのにぴったりのタイミング。今日は、この2つが最高のタッグとなって、あなたの一歩をサポートしてくれるでしょう。

新月の願い事をするなら、目標を達成することだけでなく、スタートさせること自体を願ってもOK。
例えば、「踏み出す勇気をください」「始めるきっかけに出会えますように」などなど…
どんな内容であれ、達成した瞬間の喜びを感じながら書くと、さらに効果がありそうです。

ライトワークスのダイアリーシリーズ2020(第八回:牡羊座の新月)

何かをスタートさせるサポートには、“夢を叶える”をキーワードに作られた『オラクルデイリープランナー 2020』がぴったり。
目標を達成するために、「やるべきことリスト」を作ったことのある方は多いと思います。でも、結局リストをこなせないまま流れてしまった…なんてことも、たくさんの方が経験していることでしょう。
やるべきことをリストにすることは、現状を把握することに役立ちます。しかし、それを実際にこなせるかどうかは、そのやるべきことを無理なくスケジュールに組み込めているかどうかが鍵になります。

オラクルデイリープランナー 2020』のマンスリープランのページには、日付つきの「Things To Do」が用意されており、リストを作る段階で“いつやるか”を整理することができます。
お仕事をされている方も、主婦・主夫の方も、自分のために使える自由な時間は限られていますよね。マンスリープランを立てる際には、今月夢のために使える時間はどれくらいあるのかをチェックし、予めスケジュールをおさえてしまいましょう。シンプルなことですが、実際に行動に移すためにとても重要なことです。

ライトワークスのダイアリーシリーズ2020(第八回:牡羊座の新月)

そして、牡羊座のもう一つのテーマは「純粋さ」と「自己主張」。周囲に認識してもらうため、正々堂々、真正面から主張していくようなイメージです。

この純粋さと自己主張は、即決する力や情熱、自分を信じる力などに現れてきますので、スタートを切った後に行動し続けるエネルギーにもなってくれます。

ここでひとつだけ、注意するともっと上手くいくというポイントがあります。
どんなことでも、前進していく中で思い通りにいかないことや、落ち込むことは起こりますよね。そして、そういった状況では、それまで利点だったはずの純粋さと自己主張のエネルギーが、少し歪んだ形で発揮されてしまうことがあります。
例えば、自分の考えに固執しすぎたり、周囲を置いてけぼりにしたまま気づかずに進んでしまったり…。
そうなってしまった場合、渦中にいる自分自身では気づけないことも多いので、“気づくきっかけ”を仕込んでおくと、また本来の良さを取り戻すことができるでしょう。

オラクルデイリープランナー 2020』のデイリーカレンダーでは、毎日、その日あった幸せなことや感謝を感じたことを書き込む欄があります。1行ずつの小さいスペースですが、この欄があるだけで「あ、今日はなんだか嫌なことばかりに目を向けていたな」と気づけたり、周囲の見渡すきっかけにもなります。フラットな自分に戻るための目印のような役目をしてくれるんです。

自由に記入できる部分に書くことが浮かばないときや、たくさん書き込む元気が残っていないときにも、幸せや感謝の欄は埋めてみてください。きっと、明日活動するための原動力も湧いてくるでしょう!

ライトワークスのダイアリーシリーズ2020(第八回:牡羊座の新月)

お気に入りの小物で気分を上げよう!

オラクルデイリープランナー』のように毎日記入するタイプの手帳は、書き続けることに自信がなくて手を出したことがないという方もいるかもしれません。
毎日タイプの手帳でなくとも当てはまりますが、続けるためには、何よりも「楽しむ」ことが大切。
お気に入りの手帳グッズや文房具を用意して、楽しみながら取り組みましょう!

ライトワークスのダイアリーシリーズ2020(第八回:牡羊座の新月)
※ブックバンドペンケース・メモ帳/ともにスタッフ私物

皆さまの新月の願いが叶いますよう!ワンカードアドバイス

勢いよく駆け出すような、スピードとパワーを持つ牡羊座の新月。皆さまはどんな願いをかけますか?

皆さまの願いが叶いますよう、オラクルカードからワンカードアドバイスをお届けいたします。

本日は、先日発売されたばかりの『オラクルオブザフェアリー』から。生命力溢れる牡羊座にもぴったりの、パワフルなメッセージが受け取れます。妖精や自然とより親しみたいという方にも最適のカードです。

『オラクルオブザフェアリー』:Magical Gateway

Magical Gateway(魔法の門)

見知らぬ領域に足を踏み入れることには、勇気と信頼が必要です。あなたにとって最も大きな利益があるのは、見知らぬ領域です。振り返ることなく、勇気を持って前に踏み出すときがきました。
妖精たちが、扉をくぐって魔法と不思議で満ちた世界に進んでいくよう求めています。扉を開く黄金の鍵は、あなたの心にあります。 扉を開けて進んでいくべきか迷っているなら、心の中で正しい行いであると確信できるまで瞑想してください。一度扉を通ったら、自分がいつも安全で、守られ、愛されていることを自覚でき、より多くの魔法と喜びがもたらされます。
(『オラクルオブザフェアリー』 ガイドブックより抜粋)

まさに、新しいスタートにぴったりの1枚ですね。

自分を信じてまっすぐに前進する牡羊座の新月のエネルギーを借りて、まずは一歩踏み出してみましょう。妖精たちも見守ってくれているはずです。
新年度で新しい環境におかれる方も多いかもしれません。そんな環境の変化に対しても、牡羊座の新月は力強くサポートしてくれるでしょう!


関連アイテム

『エンジェルダイアリー』シリーズ 2020年版

■『オラクルオブザフェアリー

この記事の著者

著者:ライトワークスWEBマガジン編集部

LIGHT WORKS WEB Magazine 編集部

オンラインストア内では届けきれない情報を、読みもの記事として発信しています。LIGHT WORKS WEB Magazineで届けた情報が、皆様の毎日をほんの少しでも明るく前向きなものにする、お手伝いができますように。

Pocket

関連記事